Web上のフリーツールで3Dパッケージを作ります。

3D画像作成は無料のウェブサイトで簡単に作成出来ます。
無料レポートの作成や私の様に情報商材のイメージなどに
使用する事も出来ますからぜひ覚えておいてください。

また彼女・彼・妻・夫などパートナーの画像を面白く作れますから
ぜひチャレンジしてみてください。

パッケージにする画像を用意します

3Dという事は3面の画像を必要になります、1つの画像を切り抜いて3枚に
してしまうのがお手軽です。

まず、マニュアルで紹介しました「Jtrim」を起動して候補の一枚を開きます。
こんな感じの無加工画像です。
1

女性画像の左隅の無地部分側面部品用に切り抜きます。同じ色を使う事で違和感が
なくなりますのでおすすめです。
2

上部部品は側面を横向きに変えてあげるだけで使用パーツになります。
3

それぞれのファイル名で保存して覚えておいてください。

画像に文字入れや装飾加工などパッケージぽくします

私のお気に入り加工サイトはこちら
画像加工編集サイト・フリーソフト:無料写真加工ならバナー工房
このサイトはヘッダー作りにも便利ですし、文字入れも便利ですから
ぜひ活用してください。難点は人気で重たいという事です。

この様に先程用意した画像を加工していきます。
無料写真加工ならバナー工房

するとかんな感じで3枚揃うはずです。
3d
3枚揃いましたでしょうか?
揃いましたら次の作業です、ここからはさほど難しくありません。

3D-box makerというWEB上で作業出来る便利にツールです

まずは 3D-box maker へアクセスしてください。(もちろん無料)
英語表記で引いてしまいそうですが大丈夫です。
3dpacksoft
タイプは好みに合わせて色々と選んでみてください。
それぞれのファイルを選択して作成(createボタン)をクリック

すると各タイプ別にこんな風に作成出来ます。 角度も調整出来ますから
マウス左を押しながら上に向けたり下に向けたりと可能です。

・Bookの作成例(左上の邪魔な部分はJtrimで切り抜いてしまいます)
3dbook

CD&Boxの作成例(左上の邪魔な部分はJtrimで切り抜いてしまいます)
cd
3D-boxの作成例
*実は無料版では3D-boxのダウンロード出来ません、しかし・・・諦めてはいけません。
3dpack

パソコンの右上に「Prt SC」もしくは「Print Scr」があるはずです。
つまりプリントスクリーン(パソコンの画面をコピーする機能)を使用して加工します。
ここでもやはい大活躍の「Jtrim」を使います。
「編集」→「貼り付け」で表示でJtrimにて表示出来ます。

あとはいらない部分を切り抜き機能で切り抜いてしまえば綺麗な画像
として使えます。

いかがですか? 面白いツールですよね。
ぜひ、色々と試してみてください。